BLOG ブログ

ポルシェ 718 スパイダー Fenixスクラッチガード施工

本日は、「Porsche 718 Spyder」のFenix Scratch Guard施工が完成致しましたのでご紹介致します。

PTSカラーの718スパイダー【 Brewster Green (22B) 】渋くて格好良い塗色です。

今回の施工箇所は人気のフロントセット(Frバンパー・Frフード・左右Frフェンダー・左右ヘッドライト)と左右サイドスカート、左右ミラーカバーです。

Fenixスクラッチガードはスプレーで施工するペイントプロテクションフィルムです。

一般的なお車の膜厚は約100μm程しかなく、その中でもクリア層は約40μm程度と言われております。Fenixスクラッチガードはスプレーで吹き付けと乾燥を約16回繰り返し行い、約150μm~200μmもの膜厚を持つ特殊フィルムを形成します。(※ サランラップの厚さが約10μmと言われていますので、200μmはサランラップ20枚重ねた厚さになります。)この膜厚によって飛び石などからボディーをがっちりガード致します。

万が一、塗装まで達するキズが入った場合は剥がす事も可能ですが、、多少の細かなキズの場合はポリッシャーによる研磨で修復が可能で綺麗な状態を長期に亘り維持できるので、剥がす必要はほとんどありません。

≪ 施工前の膜厚 ≫

≪ 施工後の膜厚 ≫

バンパー、ヘッドライト、フェンダー内のインナーを外して塗装ブースにて施工を進めていきます。ここからは板金塗装の塗装作業と同じく、丁寧にマスキングを行い16回16層の特殊フィルムを形成していきます。

表からの見た目では施工しているかが分からない様に仕上げる為、丁寧にマスキングします。段差や切れ目が生じない様仕上げる為に、このマスキング作業も重要になります。

Fenixスクラッチガードはプライマー層4回、ベース層8回、トップ層4回の計16回透明な物を吹き付けと乾燥を繰り返し行う為、作業者は微細な塵、埃などが付かない様細心の注意を払って作業しています。このシビアな作業が仕上りを左右しますので、気を抜けません。

施工後、塗膜をしっかり加熱乾燥させます。

しっかり乾燥させた後、仕上がった塗面を確認しながら、磨き作業を行いさらに艶感を高めていきます。

磨き作業が終わった後、取り外した部品すべてを組み付けて完成です。

仕上がった状態をご覧ください。どこを施工したのかが分からないぐらいの自然な仕上がりになっております。艶の感じ、塗り肌の感じも自然です。

飛び石対策でプロテクションフィルムをご検討のお客様は「わたびき自動車」にお任せください。

今回の施工箇所

フロントセット(Fr.バンパー/Fr.フード/左右Fr.フェンダー/左右ヘッドライト)¥517,000(税込み) 左右ドアミラー¥46,200(税込み)  左右ステップカバー¥220,000(税込み)合計 ¥783,200(税込み) 

CONTACT
お問い合わせ

見積もりのご依頼・ご質問などは
メールまたはお電話にて
お問い合わせください。